エレクラとは? - 東大エレクトーンクラブ

About Us

エレクラとは

東大エレクトーンクラブ、通称「エレクラ」は、エレクトーンを使った音楽系サークルで、今年で創立23年目の、エレクトーンサークルの中では長年の歴史がある団体です。エレクトーンの技術向上や楽しさを享受することを目的にしながら、 エレクトーンを通じてサークルメンバーの親交を深めています。 部員は1年生から修士2年まで、他大学の学生も含めて80人以上が在籍しています。

エレクトーンとは

エレクトーンは、ヤマハが発売している楽器で、一般的には電子オルガンと言われています。両手で弾く2段の鍵盤と足で演奏するペダル鍵盤、合計3段の鍵盤があることが特徴です。電子楽器という特徴を活かし、 ピアノやオルガンの音はもちろん、金管、木管楽器や弦楽器、さらにはシンセサイザーのような電子音まで、様々な音を奏でることが出来ます。

現在の活動

練習

基本的な活動は、やはり練習です。主に日曜日に、吉祥寺にある「ヤマハ吉祥寺センター」という場所で午前10時から12時まで練習しています。 練習が終わった後はみんなでご飯を食べに行ったり、その後駒場キャンパスにある部室によってエレクトーンを弾いたり、ゲームをやったりと、みんな自由な雰囲気の中で練習しています。

合宿

現在、エレクラでは年に3回合宿を行っております。合宿を通して親交を深める部員も多いです。また、年に1度、静岡県のリゾート施設、 つま恋にてエレクトーンの練習を主目的とした合宿を行っています。

EC-net

東大エレクトーンクラブは、『全国大学エレクトーンサークルネットワーク(EC-net)』に加盟しています。この組織では関東圏の大学を中心にサークル間で交流を目的にイベントを行い、毎年3月には、『ジョイントコンサート』を運営しています。EC-netについて詳しくは EC-net公式ページをご覧ください。

歴史

受賞歴

第91回五月祭(2018年)五月祭総選挙 May Fes.Awards 音楽部門 第1位
第68回駒場祭(2017年)駒場祭グランプリ音楽演奏部門 第1位
第67回駒場祭(2016年)駒場祭グランプリ音楽演奏部門 第1位
第66回駒場祭(2015年)駒場祭グランプリ音楽演奏部門 第1位
第65回駒場祭(2014年)駒場祭グランプリ音楽演奏部門 第1位
第64回駒場祭(2013年)駒場祭グランプリ音楽演奏部門 第1位
第63回駒場祭(2012年)駒場祭グランプリ音楽演奏部門 第1位
その他受賞歴多数